Geminiとは

昨今、製造メーカの資料作成では、合理化や、コンテンツの均一化、多言語化を推し進める必要性が高まっています。
合理性を追求しつつ多言語を進めるには、資料のデータ化(参照性)、
データソースへのアクセス性や、可用性の高いインフラが必要です。

 Geminiとは合理化を実現できるプラットフォーム
永続的に資料作成が出来るインフラを提供いたします。

Geminiで資料のデータ蓄積することにより、ソース文章や多言語文章がIDで参照出来るようになります。
文章にIDを持たせることにより、制作ロスを解消し管理面でスピード化とコストダウンを実現させることができます。
多言語文章ではIDで関連性のある文章がリンクするようになり、再利用性が高まり、多言語資料作成がスピードアップします。
また、アウトプットは自動組版で機械的にレイアウトをおこなうので更に資料作成が加速します。

※ 取扱説明書、サービステキスト、サービスマニュアル、ショップマニュアル

 

Geminiで変わる資料制作ワークフロー

illust

Geminiの活用例

anime3

過去の改訂箇所を素早く見つけたい

IDで管理された文章情報は過去の履歴を持っています。現在と過去の文章比較がマウスの操作で簡単に行えます。

製品の仕様項目など数値に変更のある箇所を目視でなくマーカ表示で素早く判別できます。

anime2

目次(文章構成)がエクセルで編集できる

目次データ(CSV)をGeminiにアップロードすることにより、簡単にブックの目次を修正できます。
Geminiの目次編集インターフェースでも目次の修正を行えます。

anime1

多言語データの蓄積

翻訳された多言語データはGeminiで永続的に管理されます。それぞれの文章情報はリンク関係を持っており、簡単に呼び出すことができます。

Geminiで管理された多言語データは再利用ができ多言語の資料作成のスピード化、コストダウンが行えます。