Gemini オンラインマニュアル

新規ブック作成

最初は何も登録されていない状態なので新しく一からブックを作成する必要があります。
全く目次構成が異なるブック(インデックスグループが異なるブック)を新しく作る際も新規で作成する必要があります。
通常ブック(マスターインデックスに所属しないブック)において、目次量が少なかったり流用できそうなベースブックが無い状態だと新規で作成した方が早い場合もあります。

新しく一からブックを作成する方法

  1. ブック作成
    スタートメニューのブック作成から必要事項を記入し、ブックを作ります。
  2. 目次の作成
    ブックを作成した段階では一番最初のセクションが入っているのみなので、目次を追加していきます。
    目次の編集で一つづつ追加もできますが、非効率的なので最初に追加する時はCSVを使っての作成をお勧めします。→「CSVによる目次の編集


    新規で作成するセクション
    Action列には何も入力しません。
    その目次を入れたい階層にタイトルを入れていきます。
    階層は上に行くぶんには特に制約はないですが、下に行く場合は必ず一つづつ下になります。
    Paragraph2の次のセクションにParagraph4を指定することは出来ません。


    他ブックからセクションを流用したい場合
    まえがき等のどのブックでも共通の部分や共通のパーツの説明等、既に作成されているセクションを流用する場合は、まずSection id列に流用したいセクションのidを入ます。
    セクションを入れたい階層にセクションタイトルを入力します。
    この際にidとタイトルが一致しなかったりすると目次をアップしようとする際にエラーが出てきます。
    Action列はこれも空白のままです。


    他ブックから流用したセクションをfix・改訂したい場合
    中身は同じものの文章中の機種が異なる、流用だが誤字脱字が見つかり修正しなければならない等、流用セクションをから派生(fix)・改訂のセクションを作成したい場合、上記のように流用セクションを入力してから、Actionに指示を入れます。
    指示は「CSVによる目次の編集」を参照下さい。
    CSVで指示を入れなくても、セクションだけ追加しておいて後から目次の編集で一つづつfixや改訂を行うことも出来ます。


    目次が作成できたらアップロードします。
    問題がなければCSVに記入した目次が反映されます。何かしらの問題があった場合、エラーが出て反映はされません。

  3. 編集
    実際に中身を編集します。
  4. 校正
    校正して問題がなければセクションステータスをクローズに変更します。
  5. 校了処理
    全てのセクションが作成し終わったらクローズorロックになったら校了処理をします。