Gemini オンラインマニュアル

CSVによる目次の編集

コンテキストメニューによる編集の他にもcsvファイルを使用して目次を編集することができる。
コンテキストメニューでの編集はひとセクションを容易に扱うことに特化しているが、csvでの編集は大量セクションを操作する必要がある場合に効率的に編集することが可能。
csvにて目次の指示を行うには1列目に対象アクションのコードを入力しなければならない。 目次csvはウィンドウ右上もしくはアクションメニュー、ブック設定のアクションから取得することが可能。
geminidocs-10-06-11-00_1

  • nアクション:新規セクション発行の指示。2列目のセクションID欄を空白にし、3列目以降の任意の階層に新規セクションに指定するタイトルを記載する。
  • eアクション:編集の指示。対象セクションのステータスをメンテナンスに変更をする。
  • rアクション:改訂セクション発行の指示。発行元のセクションが最新版でない場合は目次適用時にエラーが表示される。
  • 空欄:任意のセクションと差し替えをしたり、変更のない目次はそのまま空欄としておく。

csvアップロードウィンドウに目次csvを指定すれば目次が更新される。 geminidocs-10-06-11-00_2